スロット5号機の深~いはなし

パチスロの5号機とは?
わりと人気がないと言われる5号機ですが、果たして本当の所はとの問いに有効的な回答ができる人は少ないのではないでしょうか。
ホール人気(還元率が高い)がないという事だけで現状パチスロ機の人気が悪いようです。
以下に述べる項目を理解して8号営業下で遊技して頂ければ面白い機種はいっぱいあります。

前項
風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第20条に定めるところにより、国家公安委員会が定めた遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則の平成16年7月1日付改正以後に、保安電子通信技術協会(保通協)によって行われる型式認定試験に申し込みを行い合格したパチスロ機を5号機と呼ぶ。

概要
4号機までと比較して時間あたりのコイン増減率の波を穏やかにしてありコインの持ちが良いのが5号機の特徴です。特に小役の出現率は設定によって左右されます。設定が良いほどコインの持ちが良くなっている機種が多い。
また、ボーナス終了後にリプレイタイム機能やアシストタイム機能を採用して、次のボーナスを引き当てるまでにコインの減りを少なくしている機種、短時間でのコイン大量獲得や連チャン率を高くしている4号機に比べ、比較的なだらかな変化しかない5号機は、アニメキャラや萌え系のキャラを液晶画面上に表現しアピールをしている。
ボーナス時の単調さをカバーするために、ミニゲームや液晶上で設定のヒントを出す機種などもあります。

5号機には設定が6段階という概念はありません。

4号機のようにストック機能が認められなくなり、天井という強制的にボーナスを発生させる機能がなくなったため、設定によっては永遠にボーナスを引き当てることができない人もありえます。
その代わりボーナス終了後RT機能を持たせ逆に4号機より最終的にメダル獲得枚数が多い機種もある。
結論から言うとストック機が登場する以前の状態にほぼ近いと言うことで、設定を見抜く力と台の選択に起因するところが多いということです。しかし8号営業上で考えると4号機より時間的にも演出機能的にも十分楽しめると思います。


仕様上の特徴

[試射試験]
試射試験では従来のランダムにストップボタンを押してリールをとめる方法に加え、成立役が全て入賞したという前提でシュミレーションを行い、双方の結果が以下記述の出玉率以下であることを基準とする。
[出玉率]
4号機の17,000Gで55%~120%未満に加え、5号機では400Gで300%未満、600Gで150%未満という制約が追加された。
[ボーナス]
払い出し枚数の固定方式の採用で、最大465枚以下既定枚数を超える払い出しができないため最大払い出し枚数は480枚となる。
さらにCT機能を有する機種に関しては、最大払い出し枚数が360枚以下でなければならない。4号機までのBIG=小役ゲーム+REGボーナスの概念はなくなった。また、ボーナス・入賞時の払い出しはない。
そのため4号機でのボーナスは最小限の純増枚数が決まっていて技術介入でそこから増やすという考え方から、成立した小役は全て取るというものだったが、5号機では最大限の純増枚数から減らさないために、メイン小役以外の役を外したり、いくつかを拾って後は外すという考え方になった。尚、いくつかの機種によってはボーナスを常時1・2枚がけで行うことによって通常時と小役の払い出し枚数を変化させ、獲得枚数をほぼ一定にしたり常時3枚掛けの時よりも獲得枚数が増えるようにしている。また、有効ラインによるボーナス確率の制限がなくなった。
[CT(チャレンジタイム)]
規定上は2種類のBBに分類され、特定役の入賞を契機に発生する。いずれかのリール制御が変わり、特定の箇所を狙うことで総獲得枚数を増やすことができる場合がある。253枚以下の規定枚数を超える払い出しで終了するため、最大払い出し枚数は268枚となる。5号機以前にもCTは存在していたが名称は同じだが内容は異なる。
[役物比率]
ボーナスによる払い出し枚数と通常時の払い出し枚数の比率による規制。CT機能を持たない物は、ボーナスによる払い出しが6割未満。CT機能を持ったものはボーナスよる払い出しが7割未満。
[リール制御と演出]
絵柄は10種類まで演出面では消灯、点滅、リール前面での演出、バウンドストップが禁止。
[リール制御]
1つのフラグに1本しか制御を持っていないので、抽選により異なる制御を持たせることができない。成立役は最大限引き込まなくてはならないため、フラグが成立しているボーナス絵柄をむりやり取りこぼすというリール制御もできないため、リールの配列にも制約がある。尚、自動停止している場合には入賞が禁止されているが、既にプレイヤーが停止させているリールにチェリー等の成立役が出現している場合は、どのように停止させてもチェリーの入賞を防ぐことができないため、入賞禁止にはならない。

(参)フラグ:ボーナス、小役等を確定させる内部制御
  「ボーナス等の決定とはならず、その後に判定等がある場合もある」

[重複当選]
ボーナスと小役もしくは、小役と小役の重複当選が可能となった。例えばチェリーとBIGボーナスが重複当選する仕様の場合は、チェリー入賞後にボーナスを引き当てるといった期待感は増大する演出を行えるメリットは増えた。
重複当選の場合の優先度は「小役<ボーナス<リプレイ」となり、小役と同時抽選時はボーナスが優先され、リプレイとの同時抽選の場合はリプレイが優先され揃う。(「南国娘」(オリンピア)、「アクアビーナス(平和)など)
また、RTにもこの制御が取り入れられる。
[絵柄とフラグ]
1つのフラグと1つの入賞図柄が1対1に対応する。例えば赤7を揃えることのできるフラグと青7を揃えることのできるフラグはそれぞれ別のフラグである。ただし小役については4号機までと同じ仕組みに見える場合もあるが、基本的には1つの図柄に1つのフラグが存在し、4号機のように複数の小役を1つのフラグ共有することはない。
[内部方式]
ストック機能(2個以上のボーナスフラグストック)が認められていない。アシスト機能(AT)は禁止されていないが、4号機のように高確率で成立する小役のアシストは認められていない。よって同時にフォローできない2種類のチェリーのどちらが成立しているかを指示するようなATやRTと組み合わせてARTと言う仕組みを実装することは可能である。(前者は「ゴルゴ13 ザ・プロフェッショナル」)などや(後者は「怪胴王)などの実装例もある。

参考になりましたか、5号機も十分楽しんでいただけます。
4号機に比べるとと言う考え方持つのではなく、
5号機をどう楽しむかを、上記を参考にチャレンジしてみてください。