ゲームセンターに必要な法令 (抜粋)

わかり易い風営法
ゲームセンターを開業するにあたり、風俗営業法の第8号営業に当たるか否かをお考え頂きたいと思います。
風俗営業には、国の定める法令と地域の定める条例とが関係してきます。
所轄の警察(防犯課または生活安全課)にご相談ください。
また、店舗を構える場所にも制約があります。こちらは、市町村役場と警察の両方が関係してきますのでお調べください。


法令第2条 第1項1文
第8号 スロットマシーン、テレビゲーム機その他の遊技設備で本来の用途以上の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技にもちいることのできるもの(国家公安委員会で定めたものに限る)を備える店舗、その他これに類する区画された施設(旅館業その他の営業の用に供し、又はこれに随伴する施設で法令で定めるものを除く)において当該遊技設備により客に遊技をさせる営業。

(参)射幸心:思いがけない利益や幸運を望む心

法令第4条 第2条第1号
公安委員会は、風俗営業の許可申請に係る営業所の構造又は設備が風俗営業の種別に応じて国家公安委員会で定める技術上の基準に適応しないときは、許可をしてはならない。
(~中略~)

8号営業
・遊技料金として紙幣を挿入できるもの又は、客に現金、有価証券を提供するための装置を有する遊技設備を設けないこと。
・客室内部に見通しを妨げる設備(仕切り、ついたて、カーテン、背の高い椅子)を置かないこと。
・善良の風俗又は清浄な風俗環境を害するおそれのある写真、広告物、装飾その他設備を設けないこと。
(少年の健全な育成に障害をおよぼすおそれのある写真、広告物、装飾その他設備を含む。)
・客室の出入り口に施錠のある設備を設けないこと。ただし営業所外部に直接通じる出入口は除く。
・騒音又は振動の数値が条令で定める数値に満たないようにするため必要な構造又は設備を有すること。

法令第13条
1.風俗営業者は、午前0時(都道府県が習俗的行事その他特別な事情のある日として条令で定める日にあっては、午前0時以後においてその定める時)から日出時までの時間においては、その営業を営んではならない。
2.都道府県は、善良の風俗営業若しくは清浄な風俗環境を害する行為又は、少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するために必要があるときは、前項の規定によるほか、政令で定めるところにより、地域を定めて、風俗営業の営業時間を制限することができる。

法令第17条
風俗営業者は、国家公安委員会規則で定めるところにより、その営業に係る料金で国家公安委員会規則で定める種類のものを、営業所において客に見やすいように表示しなければならない。

法令第18条
(前略)8号営業にあっては16歳未満の者は午後6時以降(条令の規定)、16歳以上18歳未満の者は午後10時以降の時間に営業所に立ち入ってはならない旨を営業所の入り口に表示しなければならない。

法令第21条
都道府県は、条令により、風俗営業者の行為について、善良の風俗営業若しくは正常な風俗環境を害し、又は少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため必要な制限を定めることができる。
・営業所で卑猥な行為その他善良の風俗を害する行為をしない、又はさせないこと。
・営業所に客を宿泊若しくは仮眠させ、又は寝具その他これに類する物を客に使用させない。

法令第22条
風俗営業を営む者は、次にあげる行為をしてはならない。
(中略) 営業所で20歳未満の者に酒類又はタバコを提供すること。